切迫早産になるのはなぜ?その原因と予防法

切迫早産になるのはなぜ?その原因と予防法

 

 

正産期前である、妊娠22週から36週に早産になりかかっている状態を「切迫早産」と言います。

 

 

早産になってしまうと赤ちゃんへの悪影響が懸念されるため、切迫早産と診断された場合はすぐに安静にし、早産にありがちな子宮収縮を抑えるための薬や、早産の原因ともなる細菌を除去するための抗生剤などが投与されます。

 

 

しかしそれでも早産が始まってしまうこともあるため、切迫早産と診断されると予断は許さない状況となります。

 

 

 

切迫早産が起こるのはなぜ?

 

そんな切迫早産ですが、どのようなことが原因で起こるのでしょう。

 

 

原因として考えられるのが、細菌の異常繁殖などが原因の絨毛膜羊膜炎、体質的なものと言われる子宮頚管無力症、その他妊娠高血圧症候群、多胎妊娠、羊水の過多、過少異常、前置胎盤など。

 

 

また、心臓病、腎臓病、糖尿病などの合併症やストレス、喫煙なども原因となり得ます。

 

 

切迫早産の兆候として見られることとしては、強いお腹の張り、腹痛、腰の痛み、恥骨痛、おりものの異常など様々ですが、全く症状がないのに切迫早産になっていたケースもあるので、妊婦健診をきちんと受診しておくことが大切です。

 

 

 

安静が第一 予防法は?

 

切迫早産になってしまうと、安静を余儀なくされてしまうため、予防が大切です。

 

 

そのためには細菌繁殖の予防や、精液には子宮口を柔らかくする成分が含まれるため、パートナーとのセックスはコンドームを使用すること。

 

 

また、体をあまり疲れさせないようにする、喫煙者は禁煙を心がけるなどの心がけも重要です。

 

 

体重管理や塩分摂取を控えて、血圧を上昇させないようにするなどの食事制限も必要となるでしょう。

 

 

人気の関連記事

 

おすすめ葉酸サプリランキング!妊婦さんに人気の3商品

 

 

はぐマカは夫婦が一緒に妊活するときに飲みたいマカサプリ

 

 

【ベルタ葉酸サプリ】できるだけ安心・手軽に妊娠体質を目指すなら

 

 

 

 

元気な精子を作るサプリ

夫婦一緒に頑張れるサプリ

 


トップページ 精子増加サプリ 勃起回復サプリ 夫婦一緒の妊活サプリ 妊活マカサプリ