亜鉛不足が妊娠できない原因かも!排卵障害の原因にもなりうる

亜鉛不足が妊娠できない原因かも!排卵障害の原因にもなりうる

 

私が不妊検査でお医者さんに言われたのが「亜鉛が足りてませんね」でした。

 

 

私だけでなく、子供ができなくて困っている女性は、そのほとんどが亜鉛不足になっているそうなんです。

 

 

亜鉛というと精子の材料になる栄養素なので、男性にのみ必要だと思われがち。

 

 

でも本当のところは、妊娠を望む女性にもとても大切な栄養分なんですね。

 

 

 

亜鉛の働き

女性ホルモンの作用を高める
胎児の細胞分裂を促す
胎児の免疫機能を作る

 

妊娠力の基本となるのは女性ホルモンと子宮や卵巣の働きです。

 

 

女性ホルモンの分泌量は加齢とともに少なくなり、女性の妊娠機能も低下していきます。

 

 

“産めるからだ”をキープするためには性ホルモンの生成力の維持が欠かせないのですね。

 

 

特にプロゲステロン(黄体ホルモン)は「母のホルモン」と呼ばれるくらい妊娠〜出産には重要なもの。

 

 

十分にバランスよく分泌されることが大切になります。

 

 

また少ない場合だけでなく、ホルモンが多くなりすぎて女性特有の不調が起こることも。

 

 

プロゲステロンの過剰分泌によるホルモン異常が起こると、排卵障害(多嚢胞性卵巣症候群)や必要以上の体重増加を招いてしまうこともあるのです。

 

 

亜鉛には、おなかに宿った赤ちゃんの細胞分裂を促す作用があります。

 

 

妊娠28週目以降になると、赤ちゃんはママの体から亜鉛を吸収しはじめるのですが、このときに亜鉛欠乏があると、当然赤ちゃんも亜鉛欠乏になってしまいます。

 

 

低体重・低身長・皮膚が弱くなるなどの、発育不十分なまま生まれてしまう可能性が出てきてしまうのです。

 

 

 

 

そして、生まれてきた赤ちゃんは、今度は母乳に含まれた亜鉛を摂取します。

 

 

出産後の数日間だけ出る初乳には、たくさんの栄養分が凝縮されていて、その後に出る母乳の8倍もの亜鉛を含むとされています。

 

 

初乳にたっぷりと亜鉛が含まれていれば、その免疫機能を作る働きから、赤ちゃんの皮膚は強くなり、アトピー性皮膚炎になりにくい傾向があるとも言われています。

 

 

粉ミルクにも亜鉛は入っているものの、母乳や初乳とは比べ物にならないくらい微量です。

 

 

赤ちゃんの発育と健康のために、亜鉛は決して欠かすことのできない有効成分だということなんですね。

 

 

 

しっかりと摂るためには?

 

亜鉛は日々の食事から取り入れることができます。

 

 

ただ、それぞれの食品に含まれている量はとても少なくて、十分な量を摂るのが難しい栄養素です。

 

 

加工食品や精製食品、野菜中心の食生活を送っていると間違いなく欠乏体質になってしまいます。

 

 

加工食品や精製食品には糖質が多いという問題点もあり、糖質の摂り過ぎはインスリンの分泌異常を生じさせて、排卵障害の原因にもなる恐れがあります。

 

 

亜鉛がより多く含まれているのは、肉や魚などの動物性の食べ物です。

 

 

ヘルシー志向から肉類を控えている女性は多いですが、妊娠体質を目指すならば、その食習慣では×ということになります。

 

 

太ることを考えてカロリーやコレステロールを気にしすぎてしまい、妊娠から遠ざかっている女性は、実はとても多いのです。

 

>>ヘルシー・低カロリーな食事では妊娠体質になれない理由は?

 

 

亜鉛の推奨摂取量は、一般的な成人女性で9mg/日

 

 

妊婦はこれに+2mg、授乳中には+3mgが必要だとされています。

 

 

少ない量に思えますが、多くの人は食事だけでは補えていないそうです。

 

 

なので、妊活中から妊娠中、授乳期のあいだは、サプリメントなどでしっかりと補給したいところなんですね。

 

 

亜鉛を断トツに多く含む食材といえば牡蠣(カキ)になります。

 

 

牡蠣エキス豊富なサプリメント

「海のミルク」と言われる牡蠣にはビタミンやミネラル、鉄、亜鉛といった、妊活成分がたっぷりと含まれています。

 

 

亜鉛不足の女性は鉄分不足にもなっていることが多いので、両方いっぺんに摂取できる食べ物は貴重だといえます。

 

>>鉄分は子宮の環境を整える妊活に必須の栄養素

 

 

牡蠣には100g中に13.2mgの亜鉛が入っているので、子作り体質になりたい!というときに、うってつけの食品なんですね。

 

 

タウリン、グリコーゲンという滋養強壮効果の高い成分も多く、体力と精力のアップ、疲労回復にも効果があるのもうれしいです。

 

 

でも、牡蠣と言えば秋冬のシーズンもの食品ですし、旬のものだと、お値段も財布に優しくないというネックがありますよね。

 

 

そこで【海乳EX】がおすすめです。

 

 

 

海乳EXなら、一日2粒で牡蠣5個分の栄養素を摂ることができます。

 

 

しかも価格は驚きの1000円台ですから、毎日続けられること請け合いです。

 

 

亜鉛は精子形成や前立腺の働き、精子の運動と活性化にもかかわる成分ですから、男性にとっても重要。

 

 

ご主人と一緒に、夫婦そろって役立てたいサプリだともいえます。

 

 

 

元気な精子を作るサプリ

夫婦一緒に頑張れるサプリ

 

 

 

人気の関連記事

 

おすすめ葉酸サプリランキング!妊婦さんに人気の3商品

 

 

はぐマカは夫婦が一緒に妊活するときに飲みたいマカサプリ

 

 

【ベルタ葉酸サプリ】できるだけ安心・手軽に妊娠体質を目指すなら

 

 

美的ヌーボプレミアムの効果・口コミ 人気の妊活サプリの実力は?

 

 

ベジママの効果・口コミ これ1つで妊娠しやすい身体になれる!

 

 


トップページ 精子増加サプリ 勃起回復サプリ 夫婦一緒の妊活サプリ 妊活マカサプリ