妊娠しやすい季節は冬!理由は精子の状態が良くなるから

妊娠しやすいのは寒い冬!理由は精子の状態が良くなるから

 

 

人間にはほかの動物のように発情期や繁殖期があるわけではないものの、妊娠しやすい時期があります。

 

 

それが寒い冬。

 

 

この時期に性行為があると子供を授かりやすく、約10ヶ月後の翌年の秋に産まれる赤ちゃんが多いのです。

 

 

このことは以下の「少子化社会対策白書」の統計データでも明らかな事実なんですね。

 

 

内閣府 少子化社会対策白書

 

 

 

 

グラフでは、出産率が7〜10月に高い数値をキープしていることがわかりますね。

 

 

ではなぜ冬に妊娠しやすいのか?

 

 

寒いとカップルが肌を寄せ合うから、クリスマスというロマンチックなイベントがあるから・・・など理由はいろいろと考えられますが、

 

 

実のところはというと、科学的にみて男性の精子の質が良くなるからなのです。

 

 

 

精子の質は周期的に変化するもの

 

「寒いと精子の質が良くなる」というのは、逆に言えば暑い季節は精子にとって厳しい時期だともいえます。

 

 

2013年に海外の医学雑誌に掲載された、季節別に精液の状態を調べたデータがあります。

 

 

その報告では、不妊検査用に採取した男性の精液を分析したところ、精子の濃度・運動率・元気な精子の割合などが夏から秋にかけては明らかに低下。

 

 

その後、気温が低い冬になると状態が回復し、年間を通じて正常な形の精子の割合は、冬がもっとも多かったということなのです。

 

 

精巣で作られる精子・精液の状態はいつも一定ではなく、季節によって周期的に変化しているということ。

 

 

つまり子作りに励むなら、寒い冬のほうが効率的だということがわかります。

 

 

 

男性の生殖機能は熱に弱い

 

精子・精液は熱に弱いとされています。

 

 

ですから、長風呂やサウナ、ノートパソコンを長時間脚に乗せておくなどの行動は、男性の生殖機能を弱めてしまうものだと専門医も言っているほどです。

 

 

精巣(睾丸)をつつむ陰嚢は、精巣を温めすぎないようにシワシワになっていて温度調節をするものですが、やはりその効果にも限界が。

 

 

特に、ここ数年の夏の暑さは尋常ではないですから、妊活的にも厳しい季節になっているといえそうです。

 

 

体調を上向かせて「良い精子を作る」妊活サプリランキングを今すぐチェック!

 

 

 

人気の関連記事

 

元気を取り戻し「勃起しやすくなる」男性不妊サプリランキング

 

 

夫婦一緒の妊活に最適な2つのサプリメント

 

 

【はぐマカ】は男性不妊の悩みを解消してくれるマカサプリ

 

 

 

 

元気な精子を作るサプリ

夫婦一緒に頑張れるサプリ

 

 


トップページ 精子増加サプリ 勃起回復サプリ 夫婦一緒の妊活サプリ 妊活マカサプリ