男の妊娠適齢期って何歳まで?男性不妊サプリで対策を

男の妊娠適齢期って何歳まで?男性不妊サプリで対策を

 

 

 

結婚適齢期ならぬ “妊娠” 適齢期

 

 

高齢になってからの子作りも珍しいことではなくなってきましたが、妊活するうえでは無視することができないのが自分とパートナーの年齢です。

 

 

女性の妊娠適齢期は明確で、20〜34歳だというのが一般的。

 

 

それに対して男性にも妊娠適齢期があります。

 

 

その判断基準は、ずばり「精子の健康状態」が関わっています。

 

 

卵子と受精するための精子が少なくなったり、運動率が低くなったりすれば、妊娠に至る確率が低くなってしまいますね。

 

 

男性の精子の状態が、妊娠する・しないの命運を分けているんですね。

 

 

 

加齢によって精子もホルモンも減る

 

すでに書いたように、女性の妊娠適齢期は34歳までとなっています。

 

 

これは35歳頃から受精卵になりうる健康な卵子が極端に減ってくるためです。

 

 

また「卵子の老化」も起こることから、若い頃に比べるとどうしても妊娠しにくくなってきます。

 

 

精子は老化こそしませんが、やはり年齢とともに減少し、その機能(運動)は次第に衰えていきます。

 

 

また、男性はテストステロンというホルモンの分泌量が減少することで、精力が減退しセックスへの意欲が低くなってきます。

 

 

このテストステロンの減少が始まるのは、意外と早く25歳くらいの頃。

 

 

そして、加齢とともに精子の造成機能が衰えて、“精子の質”の低下が始まるのが40歳くらいになります。

 

 

そんなことから男性の妊娠適齢期は20代〜40歳くらいまで、といわれることが多いようです。

 

 

体調を上向かせて「良い精子を作る」妊活サプリランキングを今すぐチェック!

 

 

 

 

妊娠に必要な射精と精子の質は?

 

男性の場合、女性の閉経のような現象はないですし、高齢になってから子作りに成功したという話もよく耳にしますよね。

 

 

射精の能力が衰えていなければ、年齢に関係なく自然妊娠は可能ということにもなりそうです。

 

 

「普通に射精できる」の「普通」には、医学的な定義があります。

 

  • 一度の射精で精液の量が2ml以上
  •  

  • 精子の数が2000万個以上(1mlあたり)
  •  

  • 精子の運動率が50%以上

 

このうち肉眼で見てわかるのは大体の量くらいですね。

 

 

妊娠可能かどうかの正確なところを知りたいというときには、病院(泌尿器科・不妊外来)で精液検査を受ける必要があります。

 

男性不妊の基礎検査「精液検査」と「ヒューナーテスト」

 

 

 

男性不妊サプリで妊娠力をキープ!

 

私が妊活を始めたのが30代後半から。

 

 

ですから、年齢的には精子の質は下降線にあったはずです。

 

 

明らかに性欲も減退してきてましたし・・・。

 

 

それでもあきらめずに男性不妊サプリを取り入れて努力したことで、自然妊娠に至ることができました。

 

 

男性の適齢期は精子の質と、それからセックスへの意欲も関係しています。

 

 

逆に言えばそれらが低ければ、年が若くても妊娠は難しいだろうし、高くキープできていれば中高年になってからでも子作りは可能だということです。

 

 

子供が欲しいと本気で考えているなら、将来を見据えた行動が必要なのではないかと思います。

 

 

人気と安全性で選ばれている男性不妊サプリNO.1を見てみる

 

 

 

人気の関連記事

 

 

元気を取り戻し「勃起しやすくなる」男性不妊サプリランキング

 

 

夫婦一緒の妊活に最適な2つのサプリメント

 

 

【はぐマカ】は男性不妊の悩みを解消してくれるマカサプリ

 

 

 

 

元気な精子を作るサプリ

夫婦一緒に頑張れるサプリ

 


トップページ 精子増加サプリ 勃起回復サプリ 夫婦一緒の妊活サプリ 妊活マカサプリ