男性不妊サプリで栄養素を摂るときの推奨量(目安量)と耐容上限量

男性不妊サプリで栄養素を摂るときの推奨量(目安量)と耐容上限量

 

男性不妊対策をしていくときに、助けになってくれるサプリメント。

 

 

不妊対策サプリを飲む目的は「妊娠しやすいカラダ作りのための栄養補給」になります。

 

 

ですからサプリを利用する(している)というときには、今現在、“自分に足りていないだろう栄養素” や “妊活を頑張る上で取っておきたい栄養分” を体にプラスしたいという場合がほとんどだと思います。

 

 

そのときに気になるのが、その栄養素をどのくらい摂取すべきなのか?過剰摂取にならないための上限量は?という部分ですね。

 

 

欠乏症や過剰症にならないように、栄養分を過不足なく取り入れたいというときに、参考になるのが「推奨量(目安量)」と「耐容上限量」です。

 

 

こういった摂取量に関する専門用語とその意味するところは、女性用の妊活サプリでもそうですし、ほかの健康サプリを飲むときにもついても覚えておいて損はありません。

 

人気と安全性で選ばれている男性不妊サプリNO.1を見てみる

 

 

 

 

サプリメントの推奨量(目安量)とは?

 

栄養素を摂る上で「最低このくらい摂っておきたい」という参考値になるのが推奨量です。

 

 

この “推奨” という言葉から、「このくらいの量が最適」と誤解してしまいそうですが、あくまでも「欠乏症にならないための最低量」と覚えておいたほうがいいでしょうね。

 

 

これは栄養学についての十分な調査や研究データがある場合に、そこから導き出された数値になります。

 

 

一方で、表示に「目安量」が設定されている栄養素もあります。

 

 

これは栄養学的なデータが少ないため、推奨量が設定できないときに使われる言葉だと覚えておいてください。

 

 

つまり「これくらい摂取しておけば不足することはないだろう」という、少しあいまいな目安の量だということになります。

 

 

目安量の数値は、日本人の平均的な摂取量と、それに対する国民の健康度合いや栄養調査の結果から算出されたものです。

 

 

標準的な食生活を送っている日本人なら、栄養素の欠乏症になることはほとんどないと言われています。

 

 

ただ勘違いしてはいけないのは、標準的な食生活でも“不足しがちな栄養分”はありますし、「欠乏症にならない = 子供が出来やすい健康が維持できる」というわけではないということです。

 

 

妊活期間中に集中して摂っておきたい種類のものもあれば、その人ごとの生活習慣の違いで不足しているものも差が出てきます。

 

 

 

サプリメントの耐容上限量とは?

 

耐容上限量は「これ以上になると過剰症の心配がある」ことを指し示す量です。

 

 

適量なら体にいい栄養素も摂り過ぎは体への負担になることがあります。

 

 

具体的な例で言えば、「亜鉛」はそんなものの代表格です。

 

 

亜鉛は食事から摂るぶんには過剰摂取の心配はほとんどないのですが、サプリメントで所定量以上を長期使用していると副作用の心配が出てきます。

 

 

副作用の種類は、頭痛や発熱、嘔吐、倦怠感、腎臓障害、神経障害など。

 

 

深刻な健康被害をもたらすものも含まれているので注意が必要ですね。

 

 

ただ、上限が20mgで「今日は間違って25mg飲んでしまった!」と心配する必要はありません。

 

 

耐容上限量は、推測される危険な量に、さらに安全を見越して、その何分の一という具合に設定されています。

 

 

ですから1週間や1ヶ月などの期間中に、平均量としてオーバーしていなければ安全です。

 

 

 

ベストな配合量で補ってくれるサプリメント

 

妊娠を目指す上で、男性の体にとってのベストな配合量で作られているのが男性不妊対策サプリです。

 

 

目的によって選ぶべき製品は違うものの、より効果的・効率的な栄養補給が目的なら、以下のページに掲載しているなかから選ぶようにすれば最短コースになるはずですよ。

 

 

体調を上向かせて「良い精子を作る」妊活サプリランキングを今すぐチェック!

 

 

元気を取り戻し「勃起しやすくなる」妊活サプリランキングを今すぐチェック!

 

 

 

元気な精子を作るサプリ

夫婦一緒に頑張れるサプリ

 

 


トップページ 精子増加サプリ 勃起回復サプリ 夫婦一緒の妊活サプリ 妊活マカサプリ